物事を本質で捉えるということ~考え方~

お金・マインド・ブログ

こんにちは!

ロッキーです!

 

 

みなさんは、何か物事を見た時、その物事に対してどのように捉えますか?

 

 

同じ物事でも人によって捉え方は本当に様々です。

 

 

その物事を見たままのものを捉えたり、

はたまた、その物事の本質を捉えようとしたりし、真の意味は何なのかを考え解釈していこうとする人もいるでしょう。

 

 

 

物事を本質で捉えるというのは非常に重要なことだと思います。

聞いたままの上辺だけを聞き入れて解釈してしまうとその物事に対して間違った行動を起こしてしまうかもしれないからです。

 

 

 

今日はそんな物事を本質で捉えることの大切さについて話したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

あらゆる層に分かれる人脈

その前に、人脈についてはそれぞれの層に分かれているという話をまずはします。

 

 

 

学生の頃は基本的に皆横一線で成長し、多少の違いはあるにせよ、だいたい考え・思考的な部分ではそこまで違いはないように思えます。

しかし社会人になると、少し言い方悪いですが人脈にクラス(=層)分けがされるといいます。

 

 

 

ピラミッド型でよく飛行機の座る席のクラスに例えられるのですが、

上から順に、

ファーストクラス

ビジネスクラス

エコノミークラス

エコノミー圏外

 

 

 

に分けられるみたいです。

私もある経営者から聞いた話で非条理かもしれませんが、世の中こういう形になってます。

大別すると

①ファースト・ビジネス

②エコノミー・圏外

に境界が分かれます。

 

 

 

会社の社長クラスの人でも残念ながらエコノミーに属するみたいです。

あくまでこの話をしておられた方の考えあなので、そんなレベルじゃ私は圏外だなという感じですが、、、笑

 

 

 

ではここでいう①、つまりファースト・ビジネスに該当するのはどういう人たちか?

 



オーナー感覚

それは”社長”ではなくオーナーという人たちです。

 

 

 

社長と何が違うの?

という話ですよね?

 

 

 

会社をされている方でも、ただ単に自分のしたいことだけを商材にそれを時代やトレンドに関わりになくこだわり続ける人たち。

これは”社長”です

つまりエコノミークラスなのです。

 

 

 

ではオーナーはというと、

一言では表現しにくいのですが、

 

どの時代にもその流れや状況に応じて何かを生み出し、そして稼ぎ続けることのできる人たち

 

です。

 

 

 

こういう考えをオーナー感覚といいます。

 

 

この感覚を持ち合わせている人たちが上記の①、つまりファースト・ビジネスクラスに該当します。

 

 

では①の人たちと②の人たちとの間にある大きな違いは何でしょうか。

 

物事を”価値”と”本質”で見るということ

①の人たちは物事を”価値”と”本質”で見ます。
②の人たちは物事を”価格”と”イメージ”で見ます。

 

 

少し分かりづらいので、例をひとつあげます。

 

 

例えば、一つ10万円の浄水器があったとします。

この浄水器はどんな液体も塩素や細菌を完全に除去し飲み水に変えてくれます。

という特性があったとします。

 

 

 

②の人たちはどのように捉えるかというと、

「10万円!高い!いつもCMでやってる良い水を取り寄せで買ってるのでいらない。」

と”価格”だけで物事を判断してしまうというタイプですね、

 

 

 

では、①の人はというと、

「なるほど、初期費用はかかるがランニングコストを考えると、毎日100円の水を買うと月に3000円、年間で36000円支払うことになるな。その点浄水器をつけていれば1リットル7円ほどだから月に210円、年間2520円でかなり節約になるな、数年で浄水器代もペイできそうだ。」

と、物事を本質と価値で捉えることができます。

 

 

なんとなくわかりますかね?

 

 

こういう思考がかえってお金を生み出すことにもつながりますよね。

いわゆるサンクコストというやつです。

 

 

 

世の中には広告やCMなどで、視聴者・消費者にイメージを植え付ける媒体がそこらじゅうに転がっています。

 

 

人はそういったCMなどで見たイメージでこれは良い商品だ!と判断して手にすることが多いと思います。

 

 

企業もそういった”価格”と”イメージ”で判断する人が多いとわかった上で莫大な広告費用をかけてみなさんに自社製品のセールスをかけているのです。



まとめ

つまり何が言いたいのかというと

 

 

思考=物事の捉え方一つで、お金に関してもそうですが、あらゆる生活の場面で有効な判断ができるようになると思うのです。

 

 

そのためには

 

・オーナー感覚になる
・物事を”価値”と”本質”で見る

 

 

このことを意識すれば、仕事・恋愛・趣味・副業など

様々な場面で経営者的な感覚でうまくいくと思います。

 

 

私もこのオーナー感覚というのはまだまだ身についているようで、できていないところが多いので精進が必要だと思っている永遠のテーマです。

 

 

ぜひ、見た目のイメージだけでこれまで物事を見てきたという人もこれを機に”オーナー感覚”にトライしましょう!

お金・マインド・ブログ
スポンサーリンク
mrhiroki0122をフォローする
スポンサーリンク
ロッキーロード

コメント