今さら聞けない!投資信託キホンの”キ”

お金・マインド・ブログ


こんにちは!

ロッキーです!

 

 

生計を立てる上で、お金を増やす手段というのは様々な種類がありますよね。

 

 

一番一般的なものはお仕事をしていただくお給料かと思います。

 

 

しかし、今の時代、お金を増やす手段は多岐にわたりいろんなものが出てきていることで、普段のお給料以外の収入源を作るといった人々が増えてきています。

 

 

その中の話題になっているものの一つに”投資信託”というものがあります。

 

 

みなさんは投資信託というものを聞いたことがありますか?

 

 

言葉は聞いたことあるけど実際に仕組みなど意外と知らない方もいるかと思います。

 

 

ここでは、そんな投資信託について基本的なことを解説していこうと思います。

 

スポンサーリンク

全てプロにお任せ!投資信託の仕組み

 

「「弊社にお任せください!」「弊社にお任せください!」」[モデル:Max_Ezaki]のフリー写真素材を拡大

まず投資信託とは金融商品です。
株といえばみなさんも馴染みがありわかりやすいかと思いますが、

株は自分で銘柄を選び実際に自分で運用をしなければなりません。

 

 

初心者の方にはとてもじゃないですがいきなりそこまでやって実際に収益を上げるのは難しいですよね。

 

 

そこで、複数の投資家より資金を集めプロの運用家(ファンドマネジャー)に運用を任せるのです。

 

 

そこでその資金で運用した際に生じた利益を投資家たちに分配するというのが投資信託の仕組みです。

 

 

なんとなくわかりますか?

 

 

ようは、投資信託という商品を購入するだけで勝手に銘柄選び・運用をプロが勝手にやってくれて利益を生み出してくれるというものです。

 

 

そして、株なんかと違って少額からでも始められるということ。

 

 

今は100円から購入できる投資信託の商品も出てきました。

 

 

もう一つ株と違うところはファンドマネジャーが一つではなく、

複数の銘柄を組み合わせて分散させて投資をしています。

 

 

これは、一つの市場に偏った投資をして、大きな損失を出すことを減らすためです。

 

 

我々購入者がやることは、購入以外は何もありません。

 

 

初心者でも簡単気軽に始めることができるのです。

 

 

すごく簡単じゃありませんか?

 

 

預金をするとその金額に応じて利子が発生しますよね?

 

 

それに似た感じで、投資をした金額に応じて、預けたお金が増えるというものです。

 

 

販売→運用→保管はそれぞれ別会社が行う

 

 

もし運用中に会社がなくなったりしてもいいように、

  • 商品を販売する販売会社
  • 運用をする運用会社
  • 資金を保管する信託会社

この三つに分割されているのです。

 

 

 

それぞれどこかの会社に万が一のことがあっても、お客様(投資家)のお金は守られているという仕組みになっているのです。

 

 

しかし、預金と違うことは、必ず利益が出るものではなく、投資をする上で必ず考慮しておかなければならない”リスク”という問題があります。



リスク管理が収益に大きく影響をする!

 

「驚きのあまり仰け反る営業マン驚きのあまり仰け反る営業マン」[モデル:段田隼人]のフリー写真素材を拡大

運用がうまくいけば、短期間で大きな利益が出ることもある投資信託ですが、

もちろん、株や債券に投資をするので、プロが運用するとはいえ、必ず利益が出るというわけではなく”リスク”というものが出てきます。

 

 

つまり、「元本割れ」する可能性があるということです。

では、実際にどんなリスクがあるのかというと、、、

 

価格変動リスク

価格は日々変動しており、高値がつくこともあれば安値がつくこともあるのです。

為替変動リスク

海外ものの商品の場合に発生してくるリスクです。

日々為替の価格も変動していますので、経済の情勢などによって下落する可能性もあります。

 

金利変動リスク

債券ものの商品の場合に発生してくるリスクです。

景気がよくなると金利が上がりますよね。

金利が上がると債券価格は下がります。

 

 

このように商品によって様々なリスクが存在するので、リスク分散のために、債券のものと株式のものを併用してい運用するなど、

分散投資することで軽減できたりもするので、計画的に賢く投資できるようになれば上手く運用できるようになるでしょう。

忘れてはならないのが購入手数料・信託報酬

投資信託を購入する上でもう一つ忘れてはいけないものがあります。

 

 

購入手数料」と「信託報酬」です。

 

「記事がバズって驚きの成果報酬記事がバズって驚きの成果報酬」[モデル:藤沢篤]のフリー写真素材を拡大

 

 

ここを見落としたり、知らなかったりすることが多々あるので注意が必要です。

 

 

収益にも大きく影響してくるところなので1つずつ見ていきましょう。

 

 

購入手数料

商品を購入する際に、販売会社に対してかかる手数料があります。

 

 

基本的には、購入金額に対して1~3%ぐらいです。

 

 

例えばある商品を10万円購入しようとし、購入手数料が2%(税込2.16%)だったとします。

 

 

この場合購入手数料は10万円×2.16%=2160円

つまり、購入時に10万2160円払わなければならないということです。

 

 

いわば、2160円マイナスの状態でスタートをするといった状態ですので、そこまで考慮した運用プランが必要になります。

 

 

信託報酬

これは、保有している間にかかってくる手数料のことです。

 

 

利用料としてかかってくるものであり、販売会社、運用会社、信託会社それぞれに分割して払われるものです。

 

 

実際に信託報酬はその商品の純資産総額(※1)に対して、年○%といった形で、その金額が自動で引き落とされるといったものです。

※1純資産総額=その商品の実際に運用している資産全額(規模の大きさ)のことをいう

 

 

一般的には0.5%~2%ぐらいかかります。

 

 

例えば10万円で1.5%(税込1.62%)だった場合、

10万円×1.62%=1620円が年間に投資金額より引かれます。

 

 

これは資金が増えていなくてもかかってきますので注意が必要です。

 

 

この購入手数料や信託報酬は販売会社や商品によって違うので、いろいろみてみて、できるだけ手数料の低いところで購入することをおすすめします。

 

 

投資信託が購入できる条件

最後に、投資信託は必ずしもみんながみんな購入できるといったものではありません。

 

 

銀行では、実際に購入するまでに軽めの審査をしておりました。

 

 

そこで必要になる条件が

  • 投資の経験
  • 年齢(高齢者対応)
  • 資産の状況

でした。

 

 

経験不足な人に、ハイリスクな商品を購入させたり、ご高齢によるご自身での判断力、資金繰りが逼迫していないかなど、、、

 

 

聞き込みでいろいろ判断して、無理な投資はさせないようにしていましたが、そこまでしない金融機関もあるかと思いますので、しっかりとそこの判断を自分でもできるようにしておく必要がありますね。

 

「メモを出して考えている風男子メモを出して考えている風男子」[モデル:藤沢篤]のフリー写真素材を拡大

 



まとめ

投資信託のメリット

  1. 少額からでも始められる
  2. 運用はプロ(ファンドマネジャー)にお任せ
  3. 分散投資により、リスク分散

 

投資信託のデメリット

  1. リスクが存在する
  2. 商品によっては購入手数料や信託報酬が発生する

 

 

これらを踏まえて賢く効率的な運用ができれば、生活も潤ってくるのでまずはローリスクなものから攻めてみてはいかがでしょうか。


 

「金曜日17時金曜日17時」[モデル:古性のっち]のフリー写真素材を拡大

お金・マインド・ブログ
スポンサーリンク
mrhiroki0122をフォローする
スポンサーリンク
ロッキーロード

コメント